lea
このプログ記事を検索
サロン
スクール
プロフィール
lta
OTHERS
Mobile
qrcode

< class="site_title">リンパマッサージ・キレイナビ

lymphmassage.kirei-navi:リンパマッサージ・キレイナビ
header
頑張れセラピスト
【リンパトリートメント アソシエイツ】

うきは市吉井町
リンパ資格取得スクール
i Lymphスクール&Leaサロンより

LTチーフ テクニカルインストラクターの
三並です☆彡


いつもブログ訪問ありがとうございます♪

当i Lymphスクールでは
スクールで頑張る生徒さんや卒業後の
セラピストの様子 またLeaサロンのお客様との日常を更新しております

先日は サロンを開業した
テクニカルセラピスト&現受講生さん達と毎月一回行われている

LTテクニカル勉強会の日でした

内容は【小さくても強い経営】と言う内容で

経営について濃い内容で またサロン開業するセラピスト達には 絶対的に必要な内容でした

と同時に 経営する上での土台となる 事業計画を考えるのに 眉間にシワを寄せながら必死に考えているようでした

今月来月の勉強会のテ〜マは

【考える】

をテ〜マにした内容にしているのですが
それには私なりの理由があり

普段技術ばかりに気をとられてしまってるセラピストの脳をフル活用してもらいたかったのと

来年 心機一転 気持ちを新たにし 頑張ってもらいたいとの気持ちでした

なので今年最後は
セラピストにも追い込みかけるかのように

セミナ〜荒らしです笑

勿論
難しい内容だからこそ
全てを理解するのは難しいのですが

そんな内容でも10ある中 1つだけでも

自分のものに していけてたら オッケ〜だと思っています

今まで数々のセラピストの育成をしている中で感じる事

そして私の経験ですが

成功しているサロンオ〜ナ?さんの特徴として

【粘り強い】
【何事も前向き】
【すぐに結果を求めない】

そんな長期戦で挑んでいる方が多いいように思います


何かを挑戦して 結果が出なかったら すぐに 諦め弱音を吐くセラピストも多くいますが

諦めるのではなく
それをバネにして
では…どうすれば 上手くいくのか?を

プラスに考えていける強いセラピスト経営者であって欲しいと願います

答えを すぐに聞きたがるより…
日々の日常に転がっているヒントを拾いながら

それを自分の頭で考え 行動していく

結果どうあれ…その中から また ヒントを拾い自分でかみ砕きながら前に進んでいく

その繰り返しをする事は
必ず自分の経験となり財産となります

愚痴が出るぐらい
どれほどの努力をしているのでしょう?

少なからず
私は まだまだ 自分に努力が足りない…

そう思うと 弱音なんか言ってる暇がありません

それどころか
毎日が ナゾナゾだらけで
それを解いていくのが楽しくも感じます

私のサロン作り

生徒さん1人1人の素晴らしい個性を最大限に引き出しセラピストが活躍して行けるよう

今後も引き続き
私も努力あるのみです

今回参加されたセラピスト14名

大牟田。久留米。小郡。朝倉。うきは。日田より

皆様お疲れ様でした★彡
そして大熊社長。ありがとうございます★彡

今回参加出来なかったセラピストさんは
今月29日土曜日の夜にもありますよ★彡



ブックマークに追加する
| サロンの出来事 | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
弱点+弱点=強点

リンパトリ−トメントアソシエイツ所属LTインストラクターとなり

現在は チ〜フとして
総合の管理努めさせて頂いております

そんな中 私も ここに至るまでに 色々な事があり

現在も 自分の心と日々葛藤する毎日です

当初は インストラクターなんか出来ない

マイナスからのスタ−トを切り

なにあれ それは 自分のパニック障害との闘いでもありました

と同時に そのパニック障害で急に起こる 吐き気や 突然の恐怖 息苦しさ 動悸

人前で話す事自体
あり得ない状態でのスタ〜トは 無謀で

勿論 車の運転や 電車の中は 恐怖で 死ぬ思いで教室に行っていました

思い通りにならない自分の身体が 辛くて

何回も 辞めたいと思いました

そして 何回泣いたから分かりません

こんな苦しい思いして仕事をしないと いけないのか…

マイナスに考える事も多々あり

だけど
乗り越えたい そして

今を乗り越えたら きっとパニック障害は 脳の誤差どうだから…絶対良くなるはずだ

そう思いながら

火の中を飛び込んで
もがきながら 進んでいた記憶は 今でも忘れません


そんな中

私を救ってくれた人がいました

それは 私の生徒さんであり

今は 私の強力助っ人
インストラクターで活躍している先生です

当時 私のアシスタントで入っていた頃

私の 吐き気と 青ざめた顔を見て こう言いました

「先生〜車運転中などにパニックに襲われたら…こう言ってみて下さい」

「きゃ〜怖い!怖い!怖いもんは怖いんだ〜」

って 大きな声で叫んで下さい

って

その言葉を聞いて 私は 大きな発見をし そして感謝と共に涙が溢れて 大泣きました

それは

パニック障害を嫌だと思わず これも自分なんだ…と受け入れる事を意味していました

それからと言うものの

考え方が変わり

パニック障害を友達だと考えるようになりました

そうすると

とにかく 当たり前の事が当たり前の様に出来た時の喜びは 人の何倍もの喜びになって 返ってくるようになりました

トンネルの中を走れた瞬間

電車で 買い物に行けた瞬間

とにかく とにかく
普通の人が 当たり前に出来る事が 出来た瞬間が

とてつもなく 自分に勇気と力となり

前向きになれる様になりました

そんな マイナスからのスタ〜トからの
インストラクター出発でしたが

今では 吐き気に襲われる事がなく 昔より 行動範囲が広くなり

運転できる場所も限られてましたが
挑戦しようと いう気になり 今だ 完璧ではないものの ほぼ パニックを起こす事もなくなってきました

一見
普通に 元気よく見えるので 分からないのかもしれませんが

そんな私にも 弱点があって でも…考え方によっては…弱点と弱点を ぶつかり合わせると…

強点にも 出来るんだ

そう 私は考えました


人と関わりながら生きていく中で

自分を気付かせてくれる方々の存在に感謝です



人の心は弱い時もあります

だけど

その弱さをぶつかり合わせてみると

強さに変わる時もあるんだな

私の発見です☆彡



ブックマークに追加する
| サロンの出来事 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
幸せの神現る

昨日のスクールでは
うきは市の生徒さん3名
大分市から1名

みなさん職種はバラバラで

主婦の方
工場にお勤めの方
理学療法師の方
アパレル関係の方

合計4名の生徒さんが
それぞれにペアになった
スクールの日でした

比較的若手の生徒さん達

なんとも妹みたく 可愛らしくて 私のテンションは すでに 高校生並み…

そんな 可愛らしい1人の生徒さんが スクールを訪れて
玄関開けた瞬間

すぐに感じました

いつもと表情が違う

いつもと声のト〜ンが違う…

私は

「どうしたと?体調悪いと?疲れたん?彼氏とケンカした?」

の…私の質問に…

予感的中

今にも泣きそうなぐらいの顔して 事を話してくれました

ペアの生徒さんも
なるほど なるほど〜って元気魂注入

私も アホになり 元気魂注入〜…

いや… アホっぽい事を言いながら
脳みそでは こんな事を考えていました

いくら スクールで練習とは言え モチベ〜ションが低いと 覚えも悪くなる

そして 何より 色々な 辛い事を この時間は忘れさせてあげたいなぁ…

そうだ♪忘れると言えば

何か 気をまぎらわし 集中させる事は何かないか… ??
と考えていた所
まさかの まさか…

私の頭に幸せを運ぶ神…いや…髪が現れた…


なんと…頭のテッペンに 小さな白髪が一本 立っているではないか…

まさに、これは幸せを運ぶ神だ…

私は ニヤニヤしながら
○○さん この神を抜いちゃらん??〜と お願いしたら…

え〜〜〜〜 (c_c)

と 言いながら

そして とにかく その抜けそうで…抜けない短い神を 必死に抜こうと集中している

あ〜抜けん。

あ〜滑る

あ〜他の神が邪魔

手が滑って なかなか 抜けない

ペアの○○ちゃんに

「先生の他の髪の毛を押さえちょって」

と… 二人 連携プレ〜で

爆笑している

とにかく

若手二人は おばあちゃんの頭の神に 夢中に食らい付く…

みたいな光景

そして

ようやく 抜けた


戦いは終わった…

みたいな甲高い声で

「やった〜♪♪♪」

とったどぉ〜♪

と なんだか 何か幸せを勝ち取ったかのような表情

そして ようやく 抜けたキラキラと輝く白髪の神様を片手に

「先生〜 なんか…分からんけど私良いことありそうな気がしてきた♪」

と…

笑顔と笑いに包まれていた

その後
いつもの調子で 練習に励み


帰りがけには

先生〜私元気になりました♪
そして元気貰いました♪

って 元気よく 帰って行く姿を見て

ひと安心した私

ここは何の講座なんだ…みたいな時間でしたが


何より生徒さんの笑顔が一番です♪♪



うきは市吉井町
リンパ資格取得スクール
i Lymphスクール&Leaサロン

【お問い合わせ】
090-9491-5509
Lymph.lea@gmail.com
ブックマークに追加する
| サロンの出来事 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
私のサロンの作り方【Lea サロン】
サロン開業を目的として受講される生徒さん達へ

生徒さんに たまに聞かれる事があります

先生も サロン出した当初は キツかったですか?と…

勿論 安定などしてはいなく ただ ただ 毎日を必死に そして前しか向いてなかったですよって応えますが

ただ 私は 何故今があるのか…

それは 当初 私は お金に余裕もなくサロン開業の為に 借金をしました

家族には 絶対迷惑は かけませんからと

反対を押しきって勝手にテナントを借りました笑


勿論テナントとは
ボロく… 手をつけないといけない状態…


お金を あまり かけれない中 ペンキを塗り 看板を自分で脚立に上がって…


主人の機械道具を借りて見よう見まねで ビス止め
看板は 少し斜めにつけた状態でオ〜プン


その時 私は 心に誓いました

こんな オンボロな場所でも お客様が来てくれるならば

いつかは絶対 脱出して綺麗な場所に変わったら…おもてなししてあげたいと 心に誓いました

そして頭の中で

ずっと ずっと 将来のサロンの空間を描いていました

将来 私は 素敵な場所に移動する頃には

天井に クルクルと回る電気を付けてやる…







とか… ソファーには
フカフカの毛皮の敷物を敷き詰めてやる



とか…高級な花をいつも飾りお客様に喜んで貰いたい
と…

自分の描くスタイルを 鮮明に 描く毎日でした

そして 私のスタイルは

お客様は 一般の方で…全く知らない方を集客する事だったので

知り合い そして 友達などにわざと宣伝をしませんでした

当然 無謀に 勢いで始めたサロン作り

借金し 家族には反対され友達も知らない身内も知らない

そんな中での サロン開業
オ〜プン当初…

サロンに たった1つ
開業祝いで送られてきた

幸福の木…

その開業祝いをして下さったのが 協会の代表であり

私のLeaサロン【幸福】と言う 由来にちなんだ贈り物
正直涙が出た お祝いの品でした

と同時に
将来幸福が舞い込んでくるに違いない

いや 自分で幸福にしていくんだ

そう胸に秘めと… 突っ走りました

突っ走る自分は

すでに 怖いもの知らず

弱音吐く場所もなく

ひたすら宣伝をし

オープン当初
1ヶ月目
2ヶ月目
3ヶ月目

少しずつ であるが

一般の固定客がついてきました

消して多いい人数ではありません

しかし 確実に 自分スタイルで 前には進んでいた実感があります

今は 有り難い事に 紹介 紹介 紹介…で お客様に囲まれています

なので そんな ボロいサロンでも来てくださっていた お客様への おもてなし 恩返しを 現在自分なりに 出来るようになりました

最初から上手く行くはずはない

だからこそ 手探りで粘り強くやるんだ

そこには私なりの信念がありました

究極な貧乏生活

いや〜…本当に苦しかった…笑

だけど 家族には 一度足りとも 弱音を吐いた事がありません

何故ならば
迷惑かけないと 宣言したからです笑

なによりも 苦しい きつい 不安の毎日でしたが

それよりも…

私は この仕事が 大好きだ

と…

苦しい気持ちを超えて 大好きと言う気持ちの方が勝っていたからです

みなさんは 何故サロンを開業したいと思いましたか?

そこには
どんな気持ちが込められていますか?

それに対して
どんな事を頑張っていますか?

自分を掘り下げて 見直してみると

本当に大切な事
そして
今やらなければ ならない事

見つかるかもしれませんね

少なからず

私は誰の為でもなく

私らしい道のスタイルを
自分で作り上げたいと思ってます

そして【これが私の生きる道】
の…まだまだ途中経過なんです

サロンを作り上げている生徒さんへ

先生はきっと
最低な所からスタ〜 トしてるから
大丈夫大丈夫〜



あ。お金ない時に売ったバイクも
取り返したもんね〜
絶対、いつか取り返すと誓い

さらに大きくなって、私の元へ

家族の反対を押し切って笑

私。最高〜 笑笑

ブックマークに追加する
| サロンの出来事 | 00:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
癒しサロンの作り方
リンパトリートメント アソシエイツ

うきは市吉井町リンパ資格取得スクール
【i Lymphスクール&Leaサロン】より

いつも Blog訪問ありがとうございます

今日は 私の経験にての お話しです★彡

サロンを開業したいと夢見る生徒さん達


頑張って練習を重ね無事資格を取得しました。

さて今からが本番です。



あなたは自宅の一室をサロンにする事に決めました。

自宅と言うと、様々な難関がありますね

【まずは駐車場】

お客様は 無理なく車を止めれるスペースはありますか?
サロンの駐車場だと お客様が把握出来る駐車場ですか?


【玄関】
玄関上り口に
自分の靴を そのまま置いてないですか?

もしかして・・・
家族の靴まで並べちゃったりしてませんか?
それとも 少し離れた見えない場所に隠してありますか?

サロンの第1印象は玄関扉開けた
その瞬間です。

玄関は、サロンの鏡と思っても良いでしょう。

【玄関からサロンまでの通り道】

サロン一室までの道のりが長いと大変でしょう。何が大変かって

生活感丸出しの状態の中を 見せながらお客様を案内するのは、大変失礼です

他の部屋は 閉め切って見えない状態にしてますか?そこまでの道のりの途中に
お客様が目で見て楽しめるアイテムは
ありますか?

さあ、お客様は 第?の門を開きます


【サロン室】
新規のお客様は 初めてのサロンに来るのは ドキドキしてしまいます。

と同時に どんなサロンなんだろ〜・・

と回りをキョロキョロ見渡したくなります。癒しアイテムが あちこちに あると
女性と言うのは、テンションが上がりますね★彡

さらに 可愛い物や綺麗な物。癒されるアイテムが まだあるのか?と
自然に目が動いてしまいます。
それが女性です。

素敵な物があると
隅々まで発見したくなってきます。

サロンの部屋は どんなイメージに仕上がってますか?

色の統一感は ありますか?



観葉植物の配置は 植物が生き生きと見える場所。全体のバランスが整っていますか?

お客様が座る場所は 安心して座れる
空間になってますか?

テーブルの上には、どんな物を置いてますか?

お客様に威圧感を与えない座り方をしていますか?


ここまできたら
きりないぐらい 気にかける事が
沢山あります。

【お着替え部屋】

さて、お客様を通し終わり
いよいよ お着替えして頂きます。

その間セラピストは お客様の靴を揃えたり、手を消毒したり、カルテを見直したり ポケ〜っと する暇なんかありません。


お客様が お着替えするにあたっては
脱衣所は重要です
勿論。鏡はありますよね?

何故ならば 全身写る鏡は お客様にとって チェックする場だからです。

ガウンに着替えても 女性は女性ですので意識はするものです。

そして何より 安心して着替えたい
裸になる場所だからこそ
安心感は必要です。

勿論。新規のお客様は ガウンの着方が
分からない方も中にはいらっしゃいます

気遣いしてもらいたい場でもありますね

【ベットメイキング】

さて、いよいよ。ベットにての施術。

タオルケット。隅を三角に
少し折り曲げて置くだけでも、お客様は、ここから入るんですよって目印にもなりますね★彡

ベットの高さ。勿論。踏み台があると
楽ですね。

中には、高齢者の方もいらっしゃいます
どんな方でも スムーズに 対応出来る様に配慮が必要です。

【タオルセッティング】

セラピストの基本中の基本。

タオルは上質なタオルを使用されているだけで お客様って気付くものです。

私のお勧めは今治の高級タオルです

肌に触れるタオルは ゴワゴワは
もってのほか。

そして タオルの色のバランスや
匂い。冬であれば ベットの中を温めてあげているだけで、お客様は入った瞬間に それだけで 包まれた感倍増し

癒される〜★彡

って 声を出す方もいらっしゃるぐらいです。

勿論。施術する部分のみを出しての
マッサージを心掛けますが
バサバサと、乱暴にタオルを掛けてしまうと気分害しちゃいますね。

【施術後の おもてなし】

お客様は施術が終わると
気持ちよく、気持ちいい余韻が残ります。その余韻を残したまま お茶を
ゆっくり飲む時間ぐらい気に掛けてあげてほしいものです。

その お茶も 飲んで 美味しいと感じる飲み物。ちょっと お洒落なカップだったりすると、それだけで お客様は
最後まで お姫様でいられます。

そこまで、総合的に人間の五感を刺激した状態にすると全て回りの物が
よく見えてきます

そこまで感じさせる事が出来れば
お客様はきっと大満足して帰られる事でしょう。

私らしいサロン。

しかし、そこは
お客様のサロンでもあります。

と言う事は

何事も お客様目線で考えなければ
いけません。

現在来られてある お客様の層は
どういう方々が多いでしょう?

幅広い客層を目指しているならば

まずは、1度。サロンの中を見渡して見て下さい。


自宅サロンだからこそ
気を付けなければ いけない事。

沢山ありますね。

仕事とプライベートは
きちんと分ける事。

ごちゃ混ぜに、なっていませんか?

お客様は、お姫様なんですから★彡






























ブックマークに追加する
| サロンの出来事 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |